新型コロナウィルス感染拡大の懸念、埼玉県で新規感染者数100人を記録

新型コロナウィルス感染拡大の懸念、埼玉県で新規感染者数100人を記録

こんにちはCHOIIZUKAです。

以前から全国各地域で感染者が増える傾向、具体的にはある日突然感染者数が跳ね上がったとしても全く不思議ではない、
という点について日々のデータを観察した結果からお伝えしております。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

choiizukastudio(@choiizukastudio)がシェアした投稿


懸念事項としては日本では(日本に限らないでしょう)コロナウィルス対策について科学的に正しい対策と言うよりは、ここまで迷信的な対応など様々混乱した対応の中で偶然的に感染者数が増えずに済んでしまった状況かと思いますが、しかし世界的には感染の拡大は止まる兆しはありませんし、また今後さらなる感染拡大フェイズが確実に来るわけですからその際具体的にどうやって日本全国に拡大するであろう新型コロナウィルスの感染拡大を予防することが果たしてできる体勢になっているのか、と言えば答えは100%否です。

 

政府も事前に把握していた重要な情報を国民に意図的に公表しない情報操作を行っていた状況

全世界で蔓延するウィルスに全国規模で長期間対応していかなければならないのに、重要かつ早期に知らなければならない情報について情報を隠蔽しているようではどうやってこの危機が潜在的に持っているリスクに対応できるのか全く疑問です。(情報の発信が遅いことは情報がすべてになるわけですから基本的に愚かな行為ですね)

都合が悪いからと言う理由で情報を発信しない機関の情報の信頼性が担保できるのでしょうか?

 

GOTOキャンペーン期間中に急激な感染拡大が起きた場合の対策について

明らかに現状十分な対策が準備できていないので、感染拡大がわかってからキャンペーンを中止するまでにはタイムラグが必ず発生します。またわかった時点で感染の拡大が進行してしまい歯止めがかけられなる懸念について確実に回答が用意されていません。

 

些少の中途半端な経済対策のために、全世界規模で感染拡大が進行しているウィルスに対する予防策が現在の状況では今後起こり得る最悪のリスクへの対応が明らかに難しいことが予想できますが、最悪善かれと思ったキャンペーンが逆に経済の損失を拡大してしまう可能性も今後あり得るわけですが、キャンペーンを頼みの綱にした企業や事業者はその状況が起きれば確実に致命的な打撃を受け、結果的には日本経済がより深刻な打撃を被るより最悪のシナリオを生じさせる要因にすらなりかねないのです。

明らかに社会を破綻させかねない危険なリスクを前にした対応策としてはあまりにも全体的にずさんな政府による対応そして社会の混乱の中で我々はどうやってこの危機に対応するか、悪魔の証明にも等しい困難な問題を現在問われていると思います。

今年政府は専門家を招集して専門家会議を行いましたが、いくら専門家を集めても、それを総合して全体の戦略を計画するには専門知識を超越した、しかも数年から10年先を見越した戦略立案能力のある指揮官が必要なはずです。結果的には専門家会議を有効に扱えなかったわけですからこの指揮官が現時点でも機能していないことは明らかです。この状況下で誰かの指示に従っているだけで安全が計れるはずが全くありません。

人類の歴史上、常に困難な問題に大して超人を待ち望む傾向があるのですが、そのような超人は永遠に存在しない、自分たちの力で乗り越えるしかない、と私は思うわけですがいかがでしょうね。

以上です。

 

感染者推移予想アプリベータ版無料配布中

コロナウィルスの感染者推移のデータから今後の感染者推移をシミュレーションして計算するスマホアプリを開発しましたが現在東京都の感染者数を予想する #東京アラート のベータ版を配布中です。

詳しくはこちら

 

by CHOIIZUKA.