COVID19写真・Instagram未分類

日本全国における新型コロナウィルス感染拡大を受けてスタジオ当主CHOIIZUKAからのお知らせ

投稿日:

こんにちはCHOIIZUKAです。初めましての方もよろしくお願いします。

子供の時から物を作ることが好きで朝から晩まで何かを作っていました。

ある時出来上がった物を家中に飾ってもとうとう置き場がなくなり、両親が血も涙もなくごっそりを捨ててしまったのを覚えています。2〜3歳の時だったと思います。

僕は若干ショックを受けたものの、また気持ちを切り替えて作品を作り続けました。

13歳の時、コンピューターと出会ってからは物理的世界ではなく仮想の世界で物を作るようになりました。

こちらの世界では物理的にはスペースをほとんど使いませんが、データ領域の世界の中でのスペースの問題といつも格闘していました。データのバックアップの問題もありますし、どうしてもストレージは破壊されてしまうのです。

 

桜の季節になりましたね。

 

新型コロナウィルスで多大な影響を受けている皆様へご心中大変お察し申し上げます

2019年に発生した新型コロナウィルスが2020年に日本に到来しました。逆算すると2019年中にはもしかすると日本に侵入を果たしていたようにも感じられますが、はっきり影響が出てきたのは2020年に入ってからのことでした。当スタジオは元々は特に全く具体的には設立の予定は決まっていなく、ただ漠然と将来写真スタジオを構えたい、と考えていたものが軸になっていました。2020年の新型コロナウィルスの世界各国の状況を見たときに、これは日本でもたちまち拡大することがはっきりとわかりました。頭脳の中に今後の状況がビジュアルではっきりと見えたのです。これは予言ではなく、単純に数学的な計算の問題です。

 

目に見えてわかる日本全国での感染拡大

これはこのページを見ている方だけにお見せする独自に開発したプログラムです。全国各地の感染者推移グラフをランダムに表示しているものですが、2021年4月時点明らかに全国同時に感染の拡大の傾向が既にはっきりとわかります。

 

この状況でのオリンピックの開催はもはや狂気の沙汰です

以下電通が東京オリンピック開催にあたる総額9億円以上の不正行為によって、東京でのオリンピック開催を不当に招致に成功したという報道記事です。

この状況でも開催が進んでいるのは他にも何か裏金など利権の問題があると感じさせます。

 

私のこれまでと今後

これまで私は様々な趣味を持ち、関心があることにいつも集中してまっしぐらに取り組んできました。

ただ純粋にそれを追求したかっただけです。プログラミングや音楽、写真など、他にも様々な関心興味があります。

旅行や登山も子供の頃からの趣味ですし、外食や旅先での旅行も本当に好きです。仕事をしていてもお昼はほとんど毎日外食をするようにしています。これは気分転換にもなりますし新しい情報をインプットするための頭の活性化にもいい。何より健康的ですし、美味しい食事の後の仕事は、適当に食事をして仕事をするよりも随分といいはずです。私はこれを感覚的かつ理論的に意図的にやっているのです。

これまで特にSNSについては本当に適当に使っていただけです。Youtubeも含め単純に面白いからやっていました。

ところが2020年から2021年に至ってもどうも状況が全く改善していない。感染者は増え続け、政府はどうも感染の拡大防止よりも他のことに気を取られている始末。GOTOキャンペーン、オリンピック。
政策を進めるのは結構ですが、結局感染の拡大を逆招き続けている始末になっている。
これでは私個人どころか全国の全国民が到底安心して生活ができるわけがないのです。

新型コロナウィルスの政府政策に対する壮絶な批判については近日別の記事で掲載を予定していますが、この惨状において今後の人生をどのように使うかについて、これまでになく真剣に考えたのです。

 

  • この状況では今後日本での感染の拡大は続くことは明白である
  • したがって、そうなればいよいよもはやこれまでどころではない感染者の増加や死者の増加が起きる可能性は上昇している
  • そうなれば当然私自身もいずれ感染して死ぬであろう可能性が高い
  • いよいよ死について考えなければならないとすればこれはもう真面目になる他ない
  • これまでに継続している趣味、そしてこれから始める趣味についてより一層強く活動を開始する
  • SNSもただ無駄にせず、多くの人に情報を共有してこの状況の中でお互いにリスクを回避できる情報を交換できるように努力する
  • いよいよとなれば死を覚悟の上で政府を批判するしかない
  • 新型コロナウィルスの感染拡大が止まらない中、命を失う覚悟で行動して死んでもそれほど悪い死ではないだろう。
  • どうやら寿命で死ぬ人生ではないのかもしれない

 

地方への移住についても考えていたのですが、今すぐというのは色々と難しいと思いました。

 

2020~2021年の政策について

前回の記事でこれまでの日本の政策や流れについて俯瞰しました。今後感染が続く以上、リスクがいつか低下するかどうかは全く確証のないことです。むしろ感染者の増え方は以前よりも大きくなっており、今後いっそうリスクが高まる可能性の方が高いと言わざるを得ません。

2020年の状況の中で、5月時点の緊急事態宣言の解除は、その結果今日の状況を明らかに予想していない無謀な判断だと思っていますし、その後すぐにGOTOキャンペーンを実行したのは確実に愚かな政策でした。2021ねん現時点で東京におけるオリンピック開催に政府がこだわるのも確実に日本全国の人々の命を危険に晒す行為であると私は思います。理由については現時点での上記のグラフも参照のこと。

また昨年時点では以下の議論がありました。

  • GOTOキャンペーンは実施するなと言うが、では一体いつならいいのか。

こちらには昨年段階で私の出した結論は次の通りです。

「いつならいいかと言う意味では、5月に緊急事態宣言を解除してしまっては、ほぼ当面不可能であり、いつ始めるかではなく感染者数を限りなく0に近づけた状態、そして感染者がほぼ0の状態が長く続くことができない限りはいずれ感染者が増加した上、GOTOキャンペーンに事業者が依存して抜け出せない最悪の状態の時にキャンペーンが中断することになる。そのため、いつならいいかと言うのはその質問自体がナンセンスであり、問題の本質を理解していないために出てくる質問だろうと思います。」

 

GOTOキャンペーンに関する批評

GOTOキャンペーンについては、開催時期も悪く、感染を拡大させることはあっても減少させる可能性は0%であり、ウィルス感染対策の中で行うのは元から無理のある政策です。感染拡大をした場合でも急速に減少させる手段もなく実施すべき政策ではありません。

一方、GOTOキャンペーンを実施した結果は2021年の今、みなさんがご存知だと思いますが、2020年時点ではGOTOキャンペーンを開催すると決定した時点で、5月の緊急事態宣言解除時点で、既にシナリオは確定していたと思います。本来は事業者に助成金を支給して休業、自粛を推し進めるしかなかったと私は思います。

または、2020年までの影響はまだ微々たるものかもしれません、今後起きるリスクに比べれば、そう考えれば実験として開催の結果大きく感染者が増えるというデータを得られたことは実験としてはよしと考え、今後の感染拡大防止に役立てるのであれば無駄ではなかったかもしれません。少なくとも事業者の一部は助かったことは事実です。(しかし今後はどうでしょうね)

 

東京オリンピックの強行に関する批評

しかし2021年現時点でも2度目の緊急事態宣言の解除も、東京都で感染者が増え始めている中解除され、東京オリンピックを7月に開催するということですが、既に、オリンピックを開催したところで外国人の観光客は日本に来ることがないことは確定しています。そして現時点でも感染者が全国で拡大する中で、7月時点までに果たして感染が落ち着くのか、また同時に世界各国でも落ち着いている必要があるのですが、状況を客観的に見れば1年以上も拡大が止まっていなく、現時点でも抑制さえうまくいっていません。

すでに倒産件数もうなぎ上りですし、オリンピックまで持たない企業は今後も増えることはわかるでしょう。

したがって、感染拡大は東京オリンピック開催に拘れば、必然的に緊急事態宣言を止めざるを得ないわけで、結果的に感染者が増える他ないのです。これだけでも明らかに愚策であることはわかります。

 

今後について

政府方針が既にはっきり感染を拡大させる方針です。従って感染者がこのまま自然に減少するのは不可能です。オリンピック開催にあたって感染者を増やし被害を拡大するのでは全く何の意味もありません。

従って、当スタジオ当主として、日本政府の東京オリンピック政策についてははっきりとそれが如何に愚かな行為であるのか、そのことを明確に批判するものです。

日本全国の皆さんには、感染対策と言っても、様々な事情があって政府の要請に従えないこの状況は当たり前のことです。

ですので、無理難題を国民に押し付ける一方の政府政策の無理難題を政府自身が理解しない限りは事態の改善などはあり得ない。
このことについて今後も情報を発信していきますので、ぜひお互い協力の上でこの事態を乗り切っていきましょう。

 

今後、SNSなど過去の詮索をされる可能性が高いです。従ってSNSの運用については仕組みを改めます。

Facebookでは通常のタイムラインではなく、アーティストCHOIIZUKAとして公開ページを作成してそちらを主に使っていきますので、ご興味のない方はフォローせず、ご興味があればフォローしていただき今後もお付き合いいただければと思っています。

 

また各種の趣味もありますので、今後果たしてこの状況で生き延びられるかも既に見通しが立たない状況ですので、各種の趣味もこの際全力でやりたいと思っています。ぜひ共通の趣味の方はグループに参加いただいて一緒に情報を共有したいのでよろしくお願い致します。また、今後個別でメッセージさせていただくかもしれませんが、全く自由意志でよろしくお願いします。

特に今後各分野、多趣味のせいか様々知見経験がある分野がありますので、超初心者の皆さんに無料での講座の開催なども準備していますのでご興味があれば是非グループへご参加ください。ただし、あくまで趣味のサークルで個人で運営しておりますので至らない点があるかもしれませんがその点はご容赦ください。また、他スクールや講座の関係者などの方はプライベートの参加は構わないと思っていますが、業務関係で参加されるのはお控えいただければと思います。

 

まずはFacebookのグループを作成しました。他のツールについてはまた今後考えていきます。

 

各グループへの入り口

 

既に余生を考えなければならないとは全く思っていなかったのですが、こうなっては是非もなく。覚悟を決めるしかないかなと思っています。

昨年1月から全く仕事をしていないため、流石にお金はありませんが、そのほかのことで何か皆さんの支援をしながら自分自身の活動についても進めていこうと思います。また、10代から肌の具合が悪く、それも成人してからかなり悪化して難治下していたのですが、昨年から今年までの治療がうまくいって良くなってきたので、それも併せると何かをやるなら今しかないだろうと思っています。人間は誰でもどの道生まれたら死ぬのですが、どう生きるか、よりも結局のところどう死ぬかについての意思決定をして生きるか、またはしないままいずれ死を迎えるか、という基本的には2択なのでしょう。これまで私は特に何かこの人生で特定の何かを目指してきたわけではないのですが、しかし、現在の状況の中で何かできるとすればはっきりを自分自身の意見を述べることかもしれません。しかし、どのような意見も全ての人の全ての立場の人に万全な意見などというものは世に存在しないのだから、相対する意見があるのも当然です。しかし、「相対する意見が存在する意見は何も主張してはいけない」などという民主主義は民主主義ではありません。相対する意見があるなら、それについてもお互いに考えて行き続けましょう。永遠に明確な答えなどないのですから。

 

以上です。ご覧いただきありがとうございました。

 

まずは今日をもってこう宣言します

「東京オリンピックの強行と、政府による新型コロナウィルスのさらなる感染拡大を引き起こす間違った政策に断固、毅然として明確に反対します。そして現在も苦難の中で葛藤を抱える皆様を大変心配しております。ぜひ健康に気をつけてください」

 

CHOIIZUKAスタジオ代表アーティストCHOIIZUKA